« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

イブの眠り(3) コミック

吉田秋生

 思わず、「静〜(>_<)g"」と叫んじゃいたい気持ちになりました。TVドラマの「Y
ASHA」で、静にはまってた時の...静に対する初恋みたいな感情がこみ上げてきて
。これって主人公に同化してるってことかなぁ(^_^;)

 ドラマにはまったはずなのに、マンガで静への気持ちがぶり返すとは。おそるべし吉
田秋生!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガラスの仮面(42) コミック

 とうとう出たよ。ガラ仮の新刊。紅天女は果たしてどちらへ!
 ....なんてこたぁ、もうどうでもいいんだよ(大爆)誰か、速水とマヤの行き違いを
なんとかしてくれ!桜小路のもったらくったらも見ててすっきりしない(-_-;)携帯の写
メール何度も見てるヤツなんて気色悪いぞー!
 携帯の写メールなんて最新アイテムが出てきたにも関わらず、ペアのペンダントはド
ルフィン(-_-;) みんなの恋愛路線は20年前のまんまだし。アンバランスさにむかむ
かしました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グロコス(3)コミック

 主人公が、禅寺で悟りを開き(といっても、本人はすごいことだとは微塵も思ってな
い(笑))大物ライバルに挑戦!です。ドキドキ。このライバル、根性悪いヤツなので
、早いトコ打ちのめして欲しいんですが、そうすると話の進み方が早すぎる気もする(^
_^;)
 主人公が、師匠に呼吸法を習うシーンがあります。横隔膜の使い方を指導されるので
すが、これがダイエットにも良さそうで、一緒になって練習しちゃいました(笑)コツ
は腹の凹ませ方ですかね。マンガのようにキレイにはへこみません(-_-;)肉あるから..
.。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光とともに(7) コミック

戸部 けいこ

 6巻の終わり方が、まだ完結してなかったので、「あれ?」と思っていたら、やはり
続きが出てました。
 7巻は読んでいて気持ちがいいです。夫のサクセスストーリーだし(笑)光くんの可
能性に周りの人が気が付いて、こちらの気持ちも明るくなります。ほっこりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成よっぱらい研究所 コミック

二ノ宮知子

 帯に「私だけじゃないんだ!この本を読んで救われました。」って書いてあって、衝
動買い(^_^;)私も救われたいのだろうか(そうに違いない(-_-;))
 昼間っからビール飲んでる漫画家。私と比べたら、はじけすぎてます!まだ私って普
通かも!って思っちゃった(比べるものの対象を間違っている可能性はこの際無視。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ES(8/完) コミック

惣領冬実

 ダークエンジェルかはたまたYASHAか、みたいに思って読み始めましたが、二人
のES(ま、エスパーみたいなモノ)は新しいタイプでした。一般人の精神(記憶や感
情)を操れるので、これが主人公達に向かってくるのは、悲惨でしたね。
 まとめて読むと読み応えはあると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Glaucos-グロコス(1・2) コミック たなか亜希夫

 yanが見つけてきたコミックです。フリーダイビング物....と言ってもスポ根ではあ
りません。海で生まれた子が、潜ることにおいて特殊な能力を発揮し、それは身体の神
秘と繋がっている....(なんかぼやけた表現だなぁ(^_^;))キーワードは「脾臓」体内
において何のためにあるのかまだ解明されていない臓器。これが、フリーダイビング時
に果たす役割を究明していく、って謎解きが含まれています。
 登場人物は、自殺したあのおじさんがモデルとしか思えない老人と、南の島で育った
男の子(?青年というには未熟で、少年よりはオトナ)それと、脾臓の研究をしている
女性医師。
 続刊が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »