« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

イヴの眠り 4

 あわわわわ。
 静のクローンに惚れてしまったアリサ。大丈夫なのかぁ?

 すごいなぁ、クローンが出来るくらいのバイオテクノロジーの発達した世界、人間を越える能力をもった主人公達、ありえない事なのに、大げさでなく、自然に話が流れて行く。...バナナフィッシュから続く、吉田秋生の感性に脱帽です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッテリー 3

 2巻はあまりにもドロドロしすぎて、読んでいて切なかったんですが。3巻になって新しい展開。ちょっとすっきりした(笑)
 それにしても、この二人のお互いのまなざしと感情は...恥ずかしいくらいまっすぐで...ピッチャーとキャッチャーは夫婦と表現されますが、まさに恋愛関係のようで、読んでいて勘違いしてしまいそう(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »