« トイレットペーパーの芯 | トップページ | ビキニの砂は放射能汚染されているのか »

愛されてお金持ちになる魔法のカラダ

 ...昔も紹介したことがありますが、歩くと運気があがってくるよ、という本です。(まぁ、歩くだけじゃなく、サプリとかを取ってダイエットしなさい、っていう内容ではあるのだけど)

 実際、過去ヒガシのディナーショウの前にウォーキングをするようになってからもう4年間歩き続けています。そして、ヒガシのディナーショウで質問コーナーでのご指名をいただき、次にMAKOTOの試写会でも質問させていただき、ファンとして十分以上のご利益がありました。プライベートでも、自営業としての独立、少しではありますが収入もアップしてます。yanが鬱の状態になっても、うまいこと乗り越え、今の家庭があります。タバコも止められたし、この歳にしてはかなり健康な体を手に入れたのではないかとも思います。(除く ビール中毒(爆))

 ホント、私にとって、歩くということは夢を実現するための呪文のようだと思います。特別「こうなりたい」という希望を持っているわけではないんですが、いつの間にか、ピンチを切り抜け、少しだけ良い状態にステップアップしている。
 そしてまた、今、ちょっと良い話が舞い込んできそうです。なので、ウォーキングの効用をあらためて感じてしまいました。自分のために努力したことは、いつか身になり、そして実になる。今、そんなキモチです。

|

« トイレットペーパーの芯 | トップページ | ビキニの砂は放射能汚染されているのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

どうもこんにちは。いろいろと出来事があったのですね。大変ご苦労様です。

メンタルヘルスのことについては私も最近関心を持っています。マスコミでは主に過労による労働者の精神疾患について経営者の責任を紋切り型に追及する報道がありますが、個人的に感じることは経営者の受けるプレッシャー(ストレッサー)は労働者の受けるそれに対して非常に大きさは小さいものだということです。

労働者は辞めることが出来ますが、経営者はまともな人であれば辞めることが出来ない職業です。確かに経営者は労働者よりも多額の報酬を手にするわけですが、正直「お金はいらないからこのストレスを何とかしてくれ!」と思います。

お疲れ様です。。。

投稿: すの | 2006/10/26 19:27

すのもお疲れ様っすねぇ(笑)
でも、経営者であれ、労働者であれ、辞めることは死活問題であって。辞めることを天秤にかけた場合、プレッシャの大小は個人レベル(労働者)か企業レベル(経営者)かの違いこそあれ、根本のストレスは同じだと思いますよ。
 そのストレスへの耐性があるかどうかが、資質なんじゃないですかね。経営者としての資質であったり、労働者としてそのポジションで働けるかの資質であったり。
 そのあたりをぶっ飛ばして、経営者とか学校だけに責任を負わせようとする、最近のご時世っていかがなもんか...と思います。
 結局、周りの環境(人間関係)が、ストレスへの耐性を作ってくれるのではないかしら。(ストレスの耐性っていうと変?ストレスを取り除く力か。人間関係が育んでくれるのは(^-^))

投稿: HAL | 2006/10/31 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53701/12375334

この記事へのトラックバック一覧です: 愛されてお金持ちになる魔法のカラダ:

« トイレットペーパーの芯 | トップページ | ビキニの砂は放射能汚染されているのか »