« Wの悲劇 | トップページ | ニューカレで »

親って。

 本日、台風並みの低気圧が通過した仙台から、福島にRENを送り出した。もちろん、朝からネットでJRの運行状況をチェックすることに抜かりはない。東北本線は仙台より北で区間運休があったようだが、仙台駅でも確認したところ「時間通りに出発します」ってことなので、「まぁ、せいぜい30分も遅れれば着くだろう。」ってな感じで、電車に乗せてバイバイした。
 が。とっくについているであろう10:30頃、yanから電話が。「まだ着いてないって福島から連絡があったんだけど。でも、東北本線は遅れているだけらしいから、あいつのことだ、途中で降りるなんてことはしないから、いつかは着くよな。」って。...だけど、11時過ぎても連絡がない。...いやーな予感。
 仕事の傍ら(おいおい)ネットでJRのコールセンターの電話番号を調べる。仕事を抜け出して電話する。「8時53分発の福島行きの電車は、今どのあたりにいるでしょうか?」「東北本線ですと、30分遅れですので、もう着いていると思いますが。」「...その電車が、途中で運休するというような事なく、福島まで行ったということですね?」「あ、そういうことをご確認したいということですね?少々お待ち下さい。」...待たされること1分強?でも5分も待ったような気分。「その電車は、途中大河原で折返し運転になっております。」...(やっぱり!)...「やらっだー。(思わず...)」「(あ、ちとやばいこと発生中?)...ということで、よろしくお願いいたします。」と、コールセンターのにーちゃんは最後ちょっと同情的な声になってはくれたものの。同情してもらっても、RENがまっすぐ福島へ行けない状態が発生したことに変わりはない~(>_<) RENはいったい、いづこへ????

 yanに電話する。「俺、じゃ仙台駅に行って、アナウンスしてもらってみるよ。」この時点で12時。大河原で折り返した電車にそのまま乗っていたとして、もう仙台駅まで来ているだろう、という判断。
 とりあえず、弁当を食べつつ(今食べておかないと、何があるかわからないから)、気持ちは100%、RENの方へぶっ飛んでいる。

 一番確率が高いのが、大河原で降りて次の電車を待っていること。でもネットの「駅から時刻表」で大河原の時刻表をみてみると、「快速福島」はあるけど、鈍行は(RENの降りるのは「東福島」って小さい駅)14時までないじゃん(>_<) なのに、今連絡が何もないのは...あいつ、電話番号を入れた財布をもしや持たずに家を出たな?準備している間あんなに持つように注意したから、と思って、出かけてからは確認しなかった。...親の電話番号くらい、ソラで言えるようになれよ。>小六 いや、私のPHSはかろうじて言えるはずなんだけど、「070」が怪しいんだよな。あぁ、ちゃんと教え込めば良かった。あいつは、自宅の郵便番号すら知らないんでないか?(--;) 財布をちゃんと持ったかも確認すればよかった。切符もおやつも、私が買ってあげたのはまずかった? 財布がないとなると、2時まで待つ間、あいつは買ったおやつしか食べ物がないのだろう。
 いや、本当に大河原で待っているだろうか。「折り返し」ってコトバの意味がわからずに、仙台に戻ってきて...仙台駅で福島行きを待っているのかもしれない。いや、もしかして、戻っていることにも気がつかず、仙台を通り越して松島とか小牛田とかまで行っちゃったかもしれない(>_<) でもって、自宅の電話番号しか判らなくて、途方にくれているかもしれないのだ~(;_;) 小学校には私のPHSの番号を教えてあるけど、小学生、そんなことまで気がつくまい(/_;)周りのオトナだってそんな対処できるもんか。 あぁ、私のPHSを持たせるべきだった!

 もしくは、大河原から、快速福島に乗ってしまったかもしれない!福島駅まで行っちゃって、じじばばに迎えに来てもらうにも、じじばばの実家の電話番号もわからなくて、駅員さんに「じゃ、じいちゃんのお名前は?」って聞かれて、それすらも判らないかもしれない。仙台駅で待ってるなら(いざとなったらウチに帰れるだろうから)まだ良いとして、知らない福島駅で乗客の波にぽつんと取り残されていたらどうする!

 それよりもっと怖いことになっていたら...(ブンブン。)これは考えちゃダメ。ホントのホントに現実になったときに対面すればいい思考だから。頭の中から追い出す。

 あぁ、こんなことなら、新幹線に乗せればよかった。前回福島に送り出す時も、強風で東北本線が止まっていたことがあって、そのときは新幹線で行かせたのに。どうして在来線なんて使ったんだろう。あぁ、明らかに私の判断ミスだ。低気圧が過ぎちゃったからといって、楽観しすぎた。こんな状況判断も出来ないで、RENに心細い思いをさせてるなんて!

 でもって。今日、yanは成田へ立つのだ(ニューカレドニア行き)。いつまでも仙台駅でうろうろ出来ない。私は午後半休をとって、仙台駅に変わりに入らなければならないのか。....。もし、見つからなかったら、yanはニューカレドニア行きをあきらめるのか?でもとりあえず成田まで行ってもらわなければ。仙台で足止めしておく場合じゃない。

 もうすぐ12時40分。昼休みが終わる。yanからも、実家からも連絡がない。

 呆然と駅ネットの画面をみつめ(見つめても何も変わらない。)「はっ」と思って「快速福島」のリンクをクリックしてみた。そこは、駅の停車時間のページ。...停まる。大河原駅から出る「快速福島」は、RENの降りる東福島の駅に停まる! 仙台から乗った電車に一番接続の早い快速福島の時刻を調べる。
 大河原発11:31発。東福島に12:07。今、12:40。東北本線が30分遅れたのを見越しても、そろそろ駅についている時間だ。迎えに行ってみてもらおう。実家に電話してみる。この電車にRENが乗っていなかったら、私がyanの代わりに仙台駅に入らなければならない。
 2回のコールで義母が出た。「うん、今、着いたとこ!向かいのホームに居た列車に乗れば行けるよ、って教えてもらって乗り継いで来たんだって。」

 ...へなへなぁ~。....つ、着いた。
 「疲れたよ~」ってRENは言っていたらしいが、こっちだって山ほど心配して疲れたよ~(^^; 「親って、子供になにかあると、こんなに後悔するものなんだ...」と思い知った。 ま、仕方ない。いつまでもすべてを私が面倒みてあげる訳にいかないのだ。少しずつ、自分で困難を切り開く術をもってもらうしかない。
 きっとRENも一つたくましくなった...と思うよ。人の親切も嬉しかったろうし。RENの面倒をみてくれた方に感謝。

 でも、もう少し高尚な後悔ですむように、電話番号は叩き込まねば(苦笑)

 さ、yanもニューカレ行ったし(こっちも一波乱あったようだけど(^^;))。晴れて独身生活。わーい!

|

« Wの悲劇 | トップページ | ニューカレで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53701/13225825

この記事へのトラックバック一覧です: 親って。:

« Wの悲劇 | トップページ | ニューカレで »