« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

顔相

 会社で、新人が配属になった。一人問題児が居るらしく、そいつについては某本部長が「あいつは顔相からしてダメだ!」とまで言っているらしい。顔つきまでダメだしされてる新人君(笑)今後の活躍が楽しみだ。

 で、そんな風に顔相だのなんだの、非科学的なことを言ってる本部長だが、伊達に本部長になっているわけでない。やはり、非科学的と思えても、経験則に裏打ちされているのかもと思うことが多々ある。先日も、(例の亡くなった)課長が入院したときに、「この辺、運気悪いよ。水晶でも買って置いておいたほうがいいな」とか言い出していて、誰も本気にしてなかったのだが、結局あの騒ぎになってしまったのだ。
 ちょっとすごいかも...。と思っていたら。

 その本部長、私(ともう一人の男性社員)を「仕事場においてよい空気をもたらす顔相」と診断してくれたのだそうだ(^^;;; フロアに社員70人も居るのに、その内の二人に選ばれてしまった。 本部長もなかなか見る目あるじゃん(大爆)

 前にも言われたことがある。生まれて初めて少年隊のミュージカルを見に行った帰り道だった。「あまりにも良いお顔なので、声をかけてしまいました。」と。キャッチかと一瞬ひるんだが、誘われる気配もなく、ただ顔と運を褒められた。いや、褒められたのは顔ではなく「顔相」だったけど(笑)
 それ以来、顔相が良いままだった訳ではないだろうが、相変わらず、運に恵まれて人生を乗り切っている私。良いタイミングで良い出会いがある。この顔相を維持できるように、周りに感謝して、毎日の努力を積み重ねよう。うっしゃー。頑張るぞ~。(単純だなぁ(^^;;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じじぃ

 昨日、弟からメールが来た。

件名:じじぃ

> 翁山で遭難したけど、一夜明けて見付かったそうだ。
> ヘリコプターに乗れて喜んでたぞ。
> ばーか。
> 山新の朝刊(載った)・夕刊(載る予定)に記事載るらしい。
>
> まったく。

 山菜取りに山に入って遭難したんだね。山歩き50年のベテランでもこんなことあるんだなぁ。
捜索隊出たんだ。ヘリ飛ばしたんだ?!ヘリに救助されたのね?!....幾らかかったんだろう。100万くらい?

 ...今年の山菜はずいぶん高価な山菜のようです。

 って、じじぃは隣の県に住んでるのに、アメリカの弟からメールで知らされるってどうよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食欲のリセットのために

 「30回以上噛む」とダイエットに良いといわれています。噛むことによって満腹中枢が刺激され、また、食事時間が長くなることによって食べ過ぎる前に満足感が得られるから。

 判ってるけど、んな、いちいち数えてられっかい!

 って人、いませんか(笑)ってか、それは私(^^; 何回噛んだか判らなくなるし、二回噛んで1回カウントしてたんだか、1回ごとにカウントしてたんだかこんがらがるし。口の中噛みそうになる!そもそも、数えながらの食事なんて味気ない。食事が不味くなる(気がする)

 でも、実は、数える必要はなかったんですよ!ルールはこの2つだけ。
1)全部噛む。 2)食べ物を口に足さない。

 口の中に食べ物を入れる。噛む。なくなるまで噛む。固形状の状態では飲み込まない。噛んで、砕かれたものが唾液とともに流れてなくなるまで、噛む(タマネギなんて、意外と筋が延々残る(笑))
 それから、口の中にモノがある状態で、食べ物を追加しない。たとえ口に入れたものが少量で物足りないとしても、全部噛んでなくなってから、新しい食べ物を口に入れる。(もちろん、ガバッと口にいれるのはご法度。)歯茎の影にかくれた食べカスも舌で掻き出して(噛んで)飲み込んでから、次のを口にする。そうそう、次に食べるものを箸で取るのも、口の中が空になってからにします。「一度箸をおく」とまではやらなくて良いですが、箸の動きを止め、噛むことに集中するのがポイントです。

 これで、実は、平均30回の咀嚼は楽々クリアです。ただし、満腹感を感じたところで食事をやめるってのは、こりゃまた違う意識付けが必要のようですけどね(^^;

 県庁の食堂でこの食べ方で食事してると、後から来た人が2順します。私は20分まるまるかかりますが、普通の方は7分~10分で食べ終わります。この食べ方だと倍以上の時間がかかるということ。これを習慣付けると、今の「食べたい」という思いは、ストレスによる食欲か、生理的な食欲かがわかるようになってきます。こうやって、食欲の感じ方をリセットすると、次に摂取カロリーのコントロールが上手く出来るようになります。

 まずは、実践してみてください。生理的に満たされた満腹感って、幸せですよ。
同じように、生理的な空腹感も幸せなんですが。その話はまた今度...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »